よくある目の症状

目の充血

目の充血

白目やまぶたの裏側が赤くなっている状態です。感染症やアレルギーによる結膜炎、ドライアイ、虹彩炎、強膜炎や上強膜炎、角膜炎、コンタクトレンズの外し忘れなども疑われます。白目に鮮やかな赤い出血がある場合は、結膜下出血の可能性があります。自然に吸収されることが多いのですが、繰り返す場合には結膜弛緩症などが疑われます。

ドライアイ

目がかゆい

目がかゆい

アレルギー性結膜炎、感染症、逆さまつげ等によるものが多くなっています。かゆみは無意識に掻いて悪化させてしまう困った症状です。角膜などの組織が大きく傷付いてしまっているケースがありますので、強いかゆみがある場合には眼科受診をお勧めします。

眼のアレルギー疾患

まぶたが痛い

まぶたが痛い

目を酷使すると一時的にまぶたの痛みや痙攣を起こすことがあります。また、角膜が傷ついたり、結膜炎などの場合も、まぶたの痛みを起こすことがあります。眼瞼痙攣なども珍しくない病気です。

眼瞼の病気

まぶたの腫れ

まぶたの腫れ

麦粒腫・霰粒腫といったものもらいによって起こっていることが多くなっています。麦粒腫は細菌などに感染して発症し、霰粒腫はマイボーム腺が詰まっている状態です。どちらも自然に治ることがありますが、状態によっては切開などが必要になることもあります。

ものもらい

目やにが出る

目やにが出る

量が急に増えた場合には、結膜炎が疑われます。感染力が強い「はやり目」などの症状として現れることもありますので、ひどくなって周囲に感染を広げないためにも早めに眼科を受診してください。

結膜の病気

目が乾燥する(ドライアイ)

目が乾燥する(ドライアイ)

目が乾く、ゴロゴロする、目が痛いといった症状に加え、涙目の症状を起こすこともあります。ドライアイは涙の分泌不足だけでなく、涙の成分が変化して眼球の一部分だけ乾燥してしまうことがあって、その場合には涙目の症状を起こします。加齢やコンタクトレンズの使用、エアコンによる乾燥した空気、PCやスマートフォンの長時間使用によるまばたきの減少など、現代はドライアイ発症リスクが非常に高くなっています。
また、ドライアイは眼科疾患や全身疾患の症状として起こることもありますし、服用している薬の影響で生じる場合もあります。ドライアイの状態が続くと角膜が傷付きやすくなって深刻な視力低下につながることもります。

ドライアイ

物が見にくい、視力の低下

物が見にくい、視力の低下

近視や乱視、遠視の発症や進行によって起こっていることが多いのですが、白内障や緑内障をはじめ、失明に至る深刻な眼科疾患が原因で生じている場合もあります。

蚊のようなものが見える

蚊のようなものが見える

青空などを見上げた際に、細かい虫やゴミの様なものが浮かんでいるように見えることがあります。これは飛蚊症です。生理的飛蚊症はどなたにでも起こりますが、網膜剥離など失明や大幅な視力低下につながる深刻な疾患の初期症状として現れることがあります。浮かんでいるものの数が急に増えたり、大きなものが浮かんでいるように見えた場合には、速やかに眼科を受診してください。

飛蚊症

物が歪んで見える

ものがゆがんで見える

物が歪んで見える状態は変視症と呼ばれていて、網膜やその中心にある黄斑に障害が起こっている可能性が高い症状です。黄斑は細かい部分を見分けるために使われる重要な場所で、ここに障害が起こると色やぼんやりした輪郭、光の有無はわかっても、細かい部分を正確に見分ける必要がある文字が読めなくなるといった深刻な視力障害を起こします。ゆがんで見える症状に気付いたら、すぐに眼科を受診してください。

網膜・ぶどう膜の病気

まぶしく感じる

まぶしく感じる

ドライアイや白内障で起こることの多い症状です。白内障では透明な水晶体が濁るため、目に入ってきた光が乱反射してまぶしさを感じます。ただし痛みを伴う場合には、異物などによって眼球が傷付いている可能性もあります。

物が二重に見える

ものが二重に見える

片目で見て二重に見える場合は、乱視、白内障、角膜や網膜の異常が疑われます。両目で見て二重に見える場合には、斜視や脳、糖尿病などによって起こっている場合もあります。また眼鏡をかけると二重に見える場合は、度が合わなくなってきています。眼科の検査を受けて、原因を確かめることが重要です。

視野が欠ける

視野が欠ける

視覚情報を脳に送る視神経に障害を起こす緑内障や、網膜の障害が疑われます。緑内障は長い時間をかけて徐々に視野の欠損を広げていく疾患で、かなり進行するまで気付かないケースがよくあります。失われた視野は元に戻すことができないため、早期発見が重要な病気です。視野の欠けに気付いたらできるだけ早く眼科を受診してください。

緑内障

視野が狭くなる

視野が狭くなる

緑内障や網膜疾患、脳の障害によって起こっている可能性があります。また、眼瞼下垂などでまぶたを十分に開けられなくなって視野が狭く感じることもあります。視野の欠け同様に、できるだけ早く眼科を受診してください。

視界の中に光ったものが見える

視界の中に光ったものが見える

光のないはずの場所でチラチラした光や閃光が見える光視症は、白内障をはじめとした多くの眼科疾患や脳障害、片頭痛など幅広いで生じる症状です。特に問題がない場合もありますが、できるだけ早く治療を受ける必要のある疾患も少なくありません。特に他の症状を伴う場合には早めに眼科を受診してください。

藤原眼科

〒722-1112  広島県世羅郡世羅町本郷1028番地

受付時間
8:30~11:30
15:00~17:00
  • ※休診日は日曜・祝日です。
  • ※診療は予約優先となります。
  • ※当日は保険証をご持参ください。
TOPへ