小児眼科

子どもの視力の発達について

誕生してすぐの赤ちゃんは明るさがわかる程度で、視力は「見る」ことで視覚的な刺激を受けて発達します。5歳頃までに大人程度の視力やある程度の立体視を獲得し、8~10歳頃までに視力が完成します。
目から入った情報を脳に伝達する神経回路がつくられる感受性期は、生後1か月頃からはじまって1歳半頃にピークを迎え、ゆるやかに減衰しながら8歳頃には消失するとされています。感受性期に両目で正しく「見る」ことが重要であり、その時期に両目で正しく「見る」ことができないと大人になってから矯正しても十分な視力を得られません。
子どもの目や見え方に不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

新生児から5歳までの視力一覧

子どもの年齢 視力
新生児 0.01~0.02
生後3ヵ月 0.02~0.03
生後6ヵ月 0.04~0.08
1歳 0.2~0.3
2歳 0.5~0.6
3歳~5歳 0.8~1.0

弱視について

弱視について

目から入った情報を脳に伝達する神経回路が作られる感受性期に正しく「見る」ことができないことで生じます。視力、色の識別、両眼視・立体視といった能力の発達が遅れたり、発達が止まったりしてしまった状態が弱視です。両目に起こることもありますが、片目だけに生じることもあります。感受性期であれば、治療によって改善できる可能性がありますが、感受性期を過ぎてしまうと視力の向上はほとんど期待できなくなってしまい、成人してから矯正しても十分な視力を得られません。できるだけ早く治療をはじめることで高い効果を得やすくなりますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

弱視の原因

赤ちゃんは成長するにつれてさまざまな距離にピントを合わせられるようになりますが、生後すぐから3歳までの感受性期ピークに強い遠視などの屈折異常があると網膜にピントが合わず、視覚的な刺激を得られないことで視力が発達せずに弱視になります。他にも、左右の視力差が大きい、斜視、眼瞼下垂でまぶたが下がっている、黒目の中心部に濁りがあるといった理由で弱視になることがあります。
片方の目だけの弱視では、良い方の目で見えるため見逃されることがあります。早期発見のためには、3歳児健診の視力検査を眼科で受けるようお勧めしています。

弱視の治療

眼鏡

網膜に正しい像を結ばせる眼鏡をかけて視力発達を促します。安定してくれば弱視に戻ることもありません。視力の成長と共に屈折異常の状態も変化するため、定期的に検査して適切な度数に変更することが必要です。
度数だけでなく、サイズやフィット感をしっかり合わせることで眼鏡をかけるストレスを軽減するのも重要です。なお、9歳未満の場合には、弱視治療の眼鏡作成に保険適用される場合があります。

遮閉訓練

左右の目に視力の差がある場合、眼鏡による矯正と遮蔽訓練を併用する治療が有効です。視力が良好な方をアイパッチなどで遮閉して、視力が弱い方の目をしっかり訓練します。良く見える方の目を覆うことで不安になる場合にも子どもが楽しく前向きに治療を受けられる工夫をして、できるだけストレスなく続けられるようにします。

近視について

近視について

目の中にはレンズの役割を持った水晶体があります。筋肉の力で水晶体の厚みを変えることでさまざまな距離にあるものにピントが合います。ピントを合わせる調整能力が過剰に働いている状態が仮性近視と言います。この段階では、トレーニングや点眼治療で改善が可能ですが、角膜から網膜までの距離である眼軸長が伸びた軸性近視になってしまうと回復が困難になってしまいます。
子どもは身長だけでなく身体全体が成長し、眼球も大きくなります。眼軸長が伸びると焦点が結ぶ位置が網膜より手前になって近視を発症します。こうしたことから、眼軸長が十分に成長する高学年になるにつれて近視の発症が増えていきます。眼軸長が長すぎると病的強度近視となり、加齢黄斑変性、緑内障、網膜剥離といった深刻な疾患の発症リスクが上がってしまいます。
近視は遺伝的要因と環境的要因の影響を受けて進行します。近い距離を長時間見続ける習慣があるなど環境要因に注意することで、近視の発症や進行を防ぎましょう。

近視の治療

調節麻痺剤の点眼薬

ピントを調節している筋肉の緊張をゆるめる目薬です。スマーフォンやタブレットを長時間使用して起こる仮性近視や調節緊張症の改善効果が期待できます。点眼すると近くが見えにくくなりますので、就寝前の点眼が適しています。また、近視改善に加え、眼軸長が伸びるのを抑える効果も期待できます。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間も装着する事で、就寝中に角膜が正しい形状に矯正されます。そのため日中は裸眼で過ごす事ができます。
アメリカでは30年以上前から研究・処方が行われております。現在は、その安全性と有効性が認められ、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界各国で使われています。また、2009年には日本の厚生労働省でも承認されております。
また近年、オルソケラトロジーには近視進行抑制する効果もあることが分かってきております。そのため、進行する可能性がある子供の近視抑制治療としても活用されています。

オルソケラトロジー詳しくは

低濃度アトロピン点眼(マイオピン点眼)

低濃度アトロピン点眼(マイオピン点眼)

シンガポール国立眼科センターの研究により近視進行抑制効果が報告されている低濃度アトロピン0.01%、0.025%点眼(マイオピン点眼)による治療です。散瞳や調節力低下という副作用なく、眼軸長進展抑制効果があったことが報告されています。日本で行われた治療でも、近視抑制効果が確認されていますが、長期的な効果の検証はこれからです。

従来のアトロピン1%点眼で起こった散瞳によるまぶしさや、手元の見えにくさが改善し、副作用がほとんどない治療法です。
毎日寝る前に1滴点眼するだけでお子さまへの負担も少なく、5mlの目薬は両目使用で1か月使用できるため、通院頻度も減らせます。

治療対象者
安全性

2年に渡るシンガポール国立眼科センターの研究結果によりますと、

などは発生していないと報告されています。

費用
治療費用 料金
マイオピン(0.01%、0.025%)(1本) (0.01%) ¥3,300
(0.025%) ¥4,400
診察代 初回 ¥3,300
2回目以降 ¥4,400

※マイオピンによる近視治療は自由診療になります

マイオピン点眼治療詳しくは

眼鏡による治療

裸眼の視力検査で、0.3~0.5以下の場合には、眼鏡による矯正が必要です。裸眼で0.7以下の場合は教室の席が後ろでは黒板の文字が見えにくい状態です。前の席にかえてもらうか、眼鏡をつくるなどの対応を検討しましょう。

斜視について

斜視について

ものを見る際に、片目の視線が対象物からずれてしまう状態です。視線のずれる方向によって、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視に分けられます。片目の弱視や距離感をつかめなくなるなど視機能の発達に影響し、頭が傾いてしまう頭位異常を起こすこともあります。
子どもの斜視は、眼鏡による屈折異常の治療、視能訓練などで改善することがあります。こうした保存的療法で効果が得られない場合には手術が必要になることもあります。目を動かす筋肉を短縮する手術、付着部分を付け替えてゆるみをもたせる手術、両方を併用した手術など、状態にきめ細かく合わせた手術を行います。

先天性色覚異常について

網膜にある視細胞の機能不全によって色の識別ができない状態で、遺伝が原因とされています。視細胞には、赤に敏感なもの、青に敏感なもの、緑に敏感なものがあり、そのうちの一つが欠けると2色覚(色盲)になります。また、3種類がそろっていても機能低下があると異常3色覚(色弱)になります。
治療はできませんが、色の見え方が異なるだけですから、日常生活にはほとんど影響がありません。見え方の個性に合わせて、色以外の情報で判断できるようにサポートすることが重要です。眼科では、先天性色覚異常のあるお子さまや保護者の方に、具体的なアドバイスを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

藤原眼科

〒722-1112  広島県世羅郡世羅町本郷1028番地

受付時間
8:30~11:30
15:00~17:00
  • ※休診日は日曜・祝日です。
  • ※診療は予約優先となります。
  • ※当日は保険証をご持参ください。
TOPへ