健康診断結果で再検査・要精密検査の指摘を受けた方

健康診断・人間ドックの検査項目で再検査になったら

健康診断や人間ドックの眼科項目で、要再検査の結果が出たときは、早めに眼科にご相談ください。眼疾患は、早期発見と適切な治療が重要となります。再検査の通知が来たにもかかわらず、日常の忙しさから眼科の受診を先延ばしにせずに、早めに受診しましょう。

健康診断・人間ドックで指摘される診断名

高眼圧症

高眼圧症とは、目の圧力(眼圧)が正常よりも高く、他の眼底検査や視野検査においては異常が出ない状態です。眼球は、房水と呼ばれる水分によって、内圧(硬さ)を一定に保っており、眼圧は10~21mmHgが正常値となります。正常の数値を超えると、各組織に影響を与える恐れがあります。また、眼圧が高いと緑内障のリスクが高いので精密検査を受けましょう。

視神経乳頭陥凹拡大

眼底の中心にある視神経乳頭は、網膜に入り込んだ光の信号を脳へ伝える視神経とのつなぎ目の部分になります。眼球の内部から見ると、少しへこんでいるように見えるため「視神経乳頭陥凹」と呼ばれています。このへこみが緑内障の場合に大きくなることがあり、眼底検査では、通常よりも大きくへこんでいないかを調べます。

網膜神経線維層欠損

視神経乳頭から、扇状に眼球内へ広がっている神経線維が痛んで欠損している状態です。網膜神経線維層欠損は、緑内障の初期に現れる症状で、眼底検査で調べることができます。進行していくと緑内障による視野欠損が拡大するため、緑内障の精密検査を受ける必要があります。

加齢黄斑変性

加齢によって「物を見る」ための役割がある黄斑部に障害が起こる眼疾患です。加齢黄斑変性は、格子状の図形を見たときに網の目の線が曲がって見える変視症など様々な資格症状が起こります。そのままの状態で放置していると、失明する恐れがあります。日本では、50歳以上の約100人に1人に発症、中途失明の原因第4位と、多くの方に発症がみられる病気です。

黄斑前膜(網膜前膜)

加齢によってゼリー状の硝子体が萎縮して網膜からはがれることがあります。この萎縮は、誰にでも起こりうる現象です。硝子体と網膜はもともと癒着が強いので、剥がれるときに硝子体組織が網膜に少し残ってしまい、網膜の手前側に膜のようなものができる状態が黄斑前膜です。膜が網膜を引っ張り網膜が膨れ上がると、加齢黄斑変性のように格子状の直線が曲がって見える変視症や視力の低下などの症状が現れます。視力低下などによって日常生活に支障がでることがあります。

眼底出血

網膜の血管はとても細いので、様々な要因で破れて出血してしまいます。血管が破れる主な原因は、高血圧性網膜症や糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などが考えられます。眼底出血が起こると、網膜のむくみや視力低下などの症状があらわれます。そして、眼底出血によって失われた栄養素を補足しようとして、非常に細くて弱い新生血管を無理やり作ることで、さらに出血がおこります。それにより、大量出血や大幅な視力低下が起こる恐れがあります。

視力低下

健康診断や人間ドックで受けられる視力検査は、ほとんどが機械を覗いて検査をするので実際の視力よりも低く検出されるといわれています。普段、眼鏡やコンタクトレンズを装用している場合は、裸眼視力と比べてどれほど矯正されているか調べることも重要です。そのため、視力の低下が気になる方はもちろん、眼鏡やコンタクトレンズをされる方も、度数が合っているか、定期的に眼科による精密な視力検査を受けましょう。

中間透光体混濁

角膜や水晶体、硝子体は、中間透光体と呼ばれ、外から入ってきた光を網膜に届けるため通常は透明な状態となっています。中間透光体混濁とは、何らかの原因で中間透光体が濁っている状態です。加齢などで起こる白内障や硝子体出血、角膜の炎症・傷など様々な原因が考えられるので精密検査を受けましょう。

学校検診について

視力の低いお子さまは、早めに眼科を受診しましょう。そのままの状態で放置していると、日常生活に支障をきたすだけではなく学力低下の恐れもあります。学校健診で視力低下や眼疾患の疑いがあると診断された場合は、当院へご相談ください。
学校検診では、視力は0.7~0.9は再検査、0.6以下は眼科受診を進められます。
目の疾病及び異常について検診します。対象となる疾患は、結膜炎アレルギー性結膜炎、眼瞼炎、内反症(逆まつげ)ものもらい(麦粒腫・霰粒腫)、眼位の異常(斜視眼瞼下垂)などについて確認します。

藤原眼科

〒722-1112  広島県世羅郡世羅町本郷1028番地

受付時間
8:30~11:30
15:00~17:00
  • ※休診日は日曜・祝日です。
  • ※診療は予約優先となります。
  • ※当日は保険証をご持参ください。

グループ院:飯田橋藤原眼科
(東京都千代田区:飯田橋駅徒歩2分)

TOPへ